曽我どんの傘焼きが何故鹿児島で伝統行事なのか?

「曽我どんの傘焼」が17日甲突川河川敷であった。
a0152854_1641276.jpg
 
a0152854_1642450.jpg
a0152854_16431566.jpg
a0152854_1644014.jpg
a0152854_16444193.jpg
a0152854_1645257.jpg
         高さは7メートルに和傘200本を組み立てたやぐらが、パチパチと音を立て激しく竹がはじける中、赤々と燃え、夜空を焦がす。

曽我どんの傘焼きは、1193年(鎌倉時代)に相模国の曽我兄弟が、父の敵を討つために、傘を松明代わりに燃やしたことに由来し、曽我兄弟の孝心をしのぶ伝統行事。鹿児島の三大行事の一つである。
ちなみに鹿児島の三大行事は、「曽我どんの傘焼き」「妙円寺詣り」「赤穂義臣伝輪読会」で、曽我どん、赤穂浪士とも鹿児島と直接関係の無いのに薩摩で行事とは何か不思議。忠心という精神を薩摩の郷中教育の一環として始まったと言われ、なるほどと納得。
会場になる甲突川河畔が満潮で河川敷まで降りられず、観客席は見物客が多いいため三脚が立てられず、ISO感度を上げての手持ち撮影となり、満足な写真はなかなか撮れなかった。
a0152854_164819.jpg
 写真の師匠友人の住さんが傘焼きの写真を送ってくれました。早速ブログに取り上げましたがさすがに上手いですね。
[PR]
by nozoedental | 2011-07-29 16:49


毎日の診療や院長の趣味などをご紹介します


by nozoedental

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

カテゴリ

全体
写真
診療
旅行記
youtube
スタッフ

最新の記事

お知らせ
at 2014-01-12 13:50
迎春
at 2014-01-12 13:18
ー変容するオブジェー 宮原憲..
at 2013-12-14 09:42
「幸せは自分の手でつかむもの..
at 2013-12-12 11:58
「利き酒の称号」授与式報告会
at 2013-12-03 15:31

検索

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧